歯科エコ

歯科エコ

「歯科エコ」とは当院の歯科医療に対する基本的な考えを示した標語で、最初は「Green Dental Innovation」と呼んでいました。日本は再治療(同じ歯を何回も治療すること)が多い事は「長持ち」で述べましたが、これは患者様に非常に大きな不利益をもたらします。

再治療を少なくしハッピーライフを送っていただくと言うのがGreen(緑)、Dental(歯科)、Innovation(革新)のコンセプトでした。最近は単純に「歯科エコ」と呼んでいるのですが、それはエコカーと同様に最小の治療介入(僅かな燃料)で最大の成果(長距離走行)もたらすのがエコカーに似ているからです。

そのためにすべきことは、「長持ち」で具体的に述べておりますので、そこをご覧下さい。
又、歯の治療は患者様と歯科医院の協同作業ですので、患者様の協力がないと治療の継続が難しく、お口の健康を保つことはできないと考えます。その為には患者様がお口の健康の重要性に気付かれることが第一と思い「お口と全身の健康を保つために」と言うA5、7ページの小冊子をご用意しています。この小冊子にはお口が受け持っている10の機能の説明とお口の健康プランなどを載せています。

以前、35年前の治療に対する感謝の手紙を患者様からいただいたことがあります。(下記の写真)
この患者様は現在、遠方のため当院でメインテナンスをしておられませんが、35年前の治療後は予防のみでお口の健康を維持されておられます。これが理想的な「歯科エコ」の姿だと思います。

この様に治療後は予防を行い、それ以後の治療は最小限にとどめるのが「歯科エコ」のコンセプトで、当院の患者様は全員、お年寄りになられても元気で生活していただくのが当院の目標となっています。

いただいたお手紙
ページトップへ