スマイル&表情筋 トレーニング

スマイル&表情筋 トレーニング

あなたは自分の笑顔に自信がありますか?笑っても歯が唇に隠れて見えないとか、反対に笑うと上顎の歯肉まで見えてしまうとか、笑った時の口角が左右不対象になるなどしていませんか。
笑顔は口角が左右対称に上がり、下顎の歯は唇に隠れて見えず上顎の歯が2/3くらい見えて、下顎の口唇が上の歯のアーチと平行になるのが理想的とされています。
歯並び、顔の解剖学的形態、表情筋の硬さなどにより、総ての人がトレーニングにより理想的な笑顔になれるとは限りませんが、自分の魅力を最大限に引き出せる様に改善できます。
日本人は西欧人に比べ笑顔に自信が無い人が多いと言われています。西欧人は積極的に自分をアピールするのに対し日本人は奥ゆかしさを美徳とする伝統があるので、それは仕方が無いことかも知れませんが、日本人でも笑顔の美しい人の方が魅力的なのは言うまでもない事だと思います。
笑顔には次の様な効用があると言われています。

  • 人に好感を与え、言葉以上のコミュニケーション力がある。
  • 気分をポジティブにする
  • 病気を治す

「人に好感を与える」のは若い女性が自分を魅力的に見せるだけでなく、人と交わって生きている限り総ての人に必要です。例えば、会社の社員全員が笑顔になれば、職場が明るくなり活性化されます。難しい顔をしている社長より、笑顔の社長の方が高感度がアップして商談成立もうまく行くでしょう。小さい時から笑顔と人の長所を見つけて素早くほめる習慣を親が子供に付けさせれば、いじめは多分無くなると思います。少なくとも学校でいじめを監視したり罰を与えるよりは効果がある筈です。
笑顔は辛いことがあっても、筋活動のシグナルが脳にフィードバックされ、気分をポジティブにすると言われています。実際に笑った後は、脳にエンドルフィンと言う多幸感をもたらすホルモンが増加する様です。
笑った後はNK細胞と言うガン細胞を破壊してくれる細胞が増え、悲しみや辛いことの後はNK細胞が減ると言う報告もあります。笑いは体に有益なホルモンや酵素を活性化させるスイッチの役目があるのではないかと言われています。稀なケースかも知れませんが、笑いでガンが治ったと言う報告もあります。最近では、笑いを医療に取り入れたホスピタルクラウンも注目され始めています。
又、2020年夏季五輪の東京招致活動したパラリンピック佐藤 真海さんは、片足を失い一度は選手生命を絶たれました。しかし彼女の笑顔を見ていると、その様な不幸に見舞われた人の様には見えません。笑顔のパワーが不幸を乗り越える原動力になった様な気がします。

当院では、笑顔でハッピーになってもらうため、ご希望の患者様にスマイル&表情筋トレーニングを実施しています。
このトレーニングは持続しなければ効果がありませんので、当院のスマイル&表情筋トレーニングは「何時でも何処でも簡単に」をコンセプトに、次のように組み立てられています。

  • 器具を使用しない。
  • トレーニングの為の特別な時間は必要ない
  • 簡単
  • 歯並び、顔の解剖学的形態に基づいて個別指導を行う

尚、このトレーニングに関して特別な料金は頂いておりません。
又、このトレーニングは顔の凝りを解し歯科治療を楽にすると言う効果もあります。(低侵襲治療はこちら)

ページトップへ